不貞調査

探偵事務所で不貞行為の証拠を掴んだら最後は弁護士に相談

 

1.最後は弁護士に相談しますが

不倫に関する問題を相談するなら弁護士がいいでしょう。
離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談するべきです。それに、不倫の証拠を掴みたいと考えている場合には、探偵事務所や興信所に相談してください。女性の場合だと、近所の奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂のタネになりたくないなら、相談しないようにしましょう。

 

 

2.最初は確かな証拠を手に入れる事です

浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気しているという確かな証拠を入手する事です。確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、次は不倫相手を調査となります。仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、浮気相手の素性を確定させるのです。同じ電話番号の人から何度も電話を受けていたり電話番号があるとしたらその電話の相手が浮気相手という確率は大いにあるでしょう。そうしたらその電話番号の相手が誰かということを突き止めるだけでいいのです。ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、浮気相手との電話が終わったら電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。

 

 

3.その為には有能な探偵に相談

浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査を依頼するのが最も確実でしょう。しかし、探偵に依頼するのは調査料金も安くはないですから、どんな人でも簡単に調査を頼めるというわけではありません。探偵への浮気調査の依頼は、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所ごとにも料金はまちまちなので、調査の前には見積もりを依頼することが賢い選択です。浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で依頼したら損することは無いかと言いますと実際にはそうでない場合もあります。条件が成功報酬であればもし調査が不成功の場合、料金支払いが不要となるので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。

 

4.探偵報酬は高額ですが、中には成功報酬の探偵社もあります

だから、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、見つけている人もいるのです。行動をメモしておくことで浮気の証明をできることもあります。普通は、人間の一日一日の行動にはパターンが定まってくるものです。ところが、浮気をしてしまっていると、そのパターンが揺らぎます。変わった曜日や時間帯を見つけることができたら、動き方をよく見ていると、浮気の証明ができる可能性が上がります。相手が全然知らないうちに、誰もが浮気していると分かるような証拠を手にするためには、必要とされる技術および機材があります。浮気の現場をしっかり撮ったつもりでも、露出が不足して顔の見分けが付かなければ証拠として扱われません。浮気調査を探偵に依頼した場合は、非常にコンパクトなカメラを使って相手にバレないようにはっきり判別できる写真を撮ります。貴方がパートナーに愛想を尽かし、浮気に対する慰謝料を請求する側になったとすれば、尚更念入りに、相手への調査が必要ですし、複数回に渡る、浮気の証拠を確保しなくてはなりません。もし、貴方がその調査を探偵に任せるのであれば、浮気の証拠をキッチリとした形で映像に残して貰えますし、経験に裏打ちされた、間違いのない形で十分な証拠を準備して貰えるのです。

 

 

トップページへ