不貞調査

探偵は目立たない事が基本

1.興信所の職員とは違います

探偵の場合には、誰かに不審に思われないよう警戒を怠ることなく粘り強く少しずつ情報を集めますが、身辺調査・企業(それぞれのカラーがあるものですよね。社長や社員をみるとある程度の雰囲気はわかるかもしれません)調査などを多く依頼される興信所の方は、先に身分や目的を開示してから正面からの調査をおこなう傾向にあります。探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、対象についての情報蒐集は興信所が上手いと見てよ指そうです。浮気現場の日時がわかっていると、調査が必要とする時間は減るので、それだけ調査費用が節約できる理由です。だからといって、浮気の日時を気づいている場合でも、見知っている人にお願いして写真を撮ってくれることになっても、無駄足になることが多いでしょう。ひそかに証拠を握りたいときにはプロの探偵に調査して貰うのがベストになります。探偵をバイトでしている人のいる事例がございます。

 

 

2.バイトが探偵をする・・酷い話です

アルバイト、探偵で検索すれば、その仕事の募集を見つけるでしょう。ということは、バイトを使っている探偵事務所もいっぱいあるということです。浮気について調べるように言うときには、個人情報を伝えなければいけません。でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、知った情報を部外者に伝えることも可能でしょう。不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっているケースもあるでしょう。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。また、不倫の相手が浮気を否定するケースでは必要なのは証拠です。どの人から見てもはっきりとした浮気の証拠がなくてはいけません。探偵の浮気調査の際にも失敗することがないことはないのです。探偵が浮気を始めとした調査の達人だといっても、失敗することがありえます。配偶者がいきなり車や電車を使ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。加えて、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠を入手しようがないです。幾ら成功報酬制を採用していると言っても、たとえば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間だっ立としてその3日間の調査期間の間に浮気をしていなければその調査に関しては成功ということになります。

 

3.浮気は証拠がないと訴えられません

浮気しているのかは分からないまま、調査中に浮気が見つけられなかったら、浮気の証拠がつかめないまま、浮気調査はしゅうりょうしてしまい、成功報酬として料金を支払うのです。浮気の証拠を握るためには、探偵に浮気調査をして貰うのが一番確実です。とはいえ、探偵への調査依頼は高額なので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。探偵への浮気調査の依頼は、必要となるお金はどのくらいになるのでしょう?探偵事務所の違いで料金はまちまちなので、依頼前に一度見積もりをして貰うとよいでしょう。離婚も辞さないつもりで、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。その際にも、自分だけで乗り込むというのはさらに揉める可能性が高いので、避けるのが賢明です。信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的になり事件を起こすことが避けられます。心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、探偵に依頼するという方法があります。

 

 

トップページへ