不貞調査

浮気調査の調査機関

1.目安は3〜4日です

だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、普通は3〜4日が目安です。とはいっても、これはあくまで平均がそれぐらいだという話です。調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあると思っていてください。逆に、浮気する可能性の高い日がもう分かっているなら、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。調査機関に依頼し立ところ、自分の結婚相手の浮気が発覚してしまった場合、離婚するかしないかナカナカ決められずに困りますよね。そうならないように、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、よく考えておくことが賢明です。夫婦である以上、不貞行為がないというのが当然のことですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。格好をチェックすることで浮気の証拠を見つけられます。

 

 

2.恰好が変わると要注意

浮気をすると、明白に分かるのは格好の変わりようです。それまではお洒落には興味が無かったのに、おしゃれを急にするようになったら注意が必要でしょう。浮気へと進展しそうような人がいたり、今すでに浮気をしている人がいたりするかもしれません。成功報酬と言って誤解されがちなのは、かりに、浮気調査について依頼した場合には、調査期間が3日間しかなかったとしたら3日間で浮気が発覚しなければその調査は成功し立ということになってしまいます。実際には浮気してい立としても、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、結局は浮気の明白な証拠をつかむことなく、調査期間を終えてしまい、成功報酬としての料金を請求されます。まず探偵について見てみるならば、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねていわば地道な調査方法を取りますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、先に自分の所属を明かして公然と調査を行なうことが多いです。目的の人物の動きを把握するのは探偵の方がうまく、他方、情報を蒐集するような調査は興信所が得意と考えることが可能なんです。興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、変わりはほとんど無いと言ってもいいかもしれません。どちらも、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、類似したしごとをしています。ただし、違いがあるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、個人は探偵に頼るようです

 

3.探偵社の料金体系はどうなっているのでしょうか?

成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、調査に成功したケースでしか調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。そのように考えると、成功報酬のシステムだからと言って、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。どこまで調査して貰えるのか調査内容などもよく確認して、明白な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。配偶者が不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することが可能なんです。しかしそのような場合でも、不倫をはじめるより前に、供に住んでいる意味がないくらいに、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、歳や婚姻年数など多彩な事を考えて裁判所が慰謝料を決めます。

 

 

トップページへ