不貞調査

尾行調査の人員

1.何人の調査員が活動しているのでしょうか

浮気の調査をするときには、調査員は何人で依頼すれば良いのかと言ったと、どのような調査が行われるかにもよりますが、多くの場合、調査は2人くらいでおこなうと言われているのです。ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、調査をすることがよくあります。浮気が明るみに出てきたのなら、再度相談をして浮気の証拠を掴むための調査をおこなう人数などの調査方針を決めることになります。結婚相手が不倫をしているかを調べるのを探偵に頼む時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を契約を交わす前に取り決めます。時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査にかかる時間が長いほど支払う費用も高くなるのです。調査する人の所属するオフィスにより、使っている用具や調査する人の力量には差異がありますので、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。実際に探偵に頼向ことで浮気の証拠が掴めます。

 

 

2.浮気調査は決定的な証拠が全てです

浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、最初は自分でなんとかしようとすると思います。ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を手に入れるとなると、相手に気づかれてしまう事もなきにしもあらずです。その原因はズバリ、あなたの顔が相手に認識されているのからです。浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をして貰うのが最も確実です。そうはいっても、探偵に調査をお願いするのは費用がかさむので、どんな人でも簡単に調査を頼めると言った所以ではありません。探偵へ浮気調査を頼んだら、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所が変われば金額は異なりますので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。興信所と探偵事務所の違うところですが、別段変わりは無いと言っても言い過ぎではありません。

 

3.探偵社は浮気調査以外にもやっています

供に、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似したしごとをしています。でも、ちがいがあるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。着る洋服を見ることで浮気の事実を突き止めることができます。浮気をすることで、目立って現れてくるのは変化していく服装です。それまではお洒落には興味がなかったのに、突然、服装に拘りができたら注意が必要でしょう。今後、浮気をしそうな人がいたり、前から浮気の相手が存在するかもしれません。問題なく探偵が調査をしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、パートナーに気づかれてしまって、証拠を残さないようにし初めたりして、失敗と言った結果に終わることもあるでしょう。浮気調査を探偵に依頼しても、100%成功することはあり得ないのです。うまく行かなかったときの報酬についても、契約書を作る際にちゃんと確認しておきましょう。不倫問題を相談したいと思うなら弁護士がいいでしょう。離婚を望むのか、不倫相手から慰謝料を取ることをのかをよく考えてから相談するといいでしょう。また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵事務所とか、興信所に行って相談するのがいいです。女性の場合だと、近所の奥さんや友人を相談相手にしてしまう人も多いものですが、後で噂になりたくないなら、絶対にやってはいけません。

 

トップページへ