不貞調査

不倫の慰謝料の相場

1.相場としては200万円前後と言われていますが

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、場合によっては50万円程度ということもありますし、400万円くらいになる場合もあります。離婚しなくても慰謝料をもとめることができますが、金額は低いです。さらに、不倫相手が浮気を否定するケースでは根拠が必要です。第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が不可欠です。探偵に浮気の調査を要請して、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払って貰うことも可能です。不信感を抱いてしまった相手と人生を一緒に歩むのはストレスは相当なものになるはずですから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではないのです。アト、配偶者の不倫の相手に慰謝料の請求をしておけば二人が別れることはエラーないでしょう。身なりを確認して浮気の証拠を見つけられます。

 

 

2.配偶者の服装が変わると要注意

浮気をすることで、目に見えて出現してくるのは今までとは変わった服装です。以前はファッションに対して無頓着だったのに、いきなり服装に関心を持ったのであれば注意する必要があるでしょう。いつか浮気しそうな人や、もう浮気の相手がいるかもしれません。まず探偵に関して言うと、人に怪しまれることのないようきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、興信所から来たことを明かして公然と調査をおこなうことが多いです。探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと考えることができます。浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、大半のケースでは、調査は2人くらいでおこなうと言われています。ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、浮気をしているかの確認を調査員1人で大体の場合は行います。

 

3.不倫相手にも慰謝料は請求できます

浮気が現実であると判明したら、もう一度計画を練り直して配偶者が不倫をした場合、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料をもとめる事ができます。ただし、配偶者が不倫をする前から、仮面夫婦と化していたり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を請求することができません。慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、あなたの年齢、結婚歴等いろんな事を鑑みて裁判所が決定します。ご自身での浮気調査がオススメできない理由はカッとなってしまう場合があるのです。自分だけは大丈夫! なんて思い込んでいませんか?実際の密会に居合わせてしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例がこれまでに多くありました。余計な厄介ごとを増やさないためにも確かな証拠を得るためにも、探偵への調査依頼が最も確実な手段といえます。浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調査に必要な時間は少なくてよくなるので、それだけ調査費用が節約できる理由です。といっても、いつ浮気をしているのかを気づいている場合でも、オトモダチを説得して写真を撮ってくれることになっても、成功することはほぼないはずです。ひそかに証拠を握りたいときにはプロの探偵に調査して貰うのがベストなのです。

 

トップページへ